第1回 奏コンサートin横浜<感想>

たくさんの人の前で がんばって練習した曲を発表しました。
弾けなくて困っているときに、先生がアドバイスをしてくれました。
そのおかげで、本番にあまり緊張せずに弾くことができました。

そして、発表会では たくさん学べたことがあります。
例えば、“あきらめずに練習すること”です。
学べたことは、これから使う機会があります。

連弾や自分でがんばった曲を弾けた発表会、たくさん学べた発表会は、
絶対に忘れられないくらい成功したものなので
これからもピアノをがんばりたいです。
鈴木あんな(小5)

初めてお会いした方々の前での発表会でしたが、
教室の皆さんはすぐに仲良くなれる方たちで安心しました。
飾らず元気で楽しめるアットホーム会で、
初めてのわが子はピアノを楽しめたと思います。
中谷ママ

3歳9ヶ月でピアノを始めた娘でしたが、
始めてすぐの「4ヵ月後の発表会出ましょう!」という先生の一言に

ただただ不安で胸がいっぱいになったことを覚えています。
渡された楽譜を見ては、不安と期待 葛藤の毎日。
そんなわたしに先生は「わたしについて来て下さい」と。
その言葉を信じ、娘と日々練習に励みました。

発表会ではトップバッターを務めさせていただきました。
わたしたち家族が固唾をのんで見守る中、
娘はのびやかに優しい音色を奏でてくれました。

ソロをはじめ、家族演奏、連弾、皆さんそれぞれが輝いた
個性豊かな発表会だったと感じました。

何より、気さくで明るい先生の司会。しかしながら、真面目で力強いメッセージ。
他とはどこか違う特別な時間を経験させていただくことができました。
これからもパワフルで素敵な先生に、娘はもちろん 家族一同ついていきたいと思います。
今福ママ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加